「 プログラマー 」一覧

NO IMAGE

その日にこだわらない

息子が学校から帰ると、手も洗わずに、自宅専用の本人が勝手に作ったお道具箱に張り付いてしまいました。早く洗いなさい!と訴えても何かに没頭。ようやく仕上がったのか、満面の笑みで近づき、伝えてくれました。「ちょっと前、ママの誕生日だったから、学校の休み時間に作ったんだ。」と言って渡してくれたのは、ビーズで...

NO IMAGE

捨てられない理由

我が家のおもちゃやぬいぐるみがあまりにも多いので、もう少し勇気を出して、本気のお片づけを決行。夫がいてくれた方が潔く捨ててくれるので、週末に頑張って行いました。週が明けた翌日、学校から帰った息子がガサゴソ。まだごみの日の前だったので、玄関に置いてあったゴミ袋を物色。何を取り出したかと思えば、プーさん...

NO IMAGE

時間をもらうということ

このサイトが総ページビュー150万PVに達した次の日、技術営業のFさんが長文メールを送ってくださいました。元々、技術的なことも含め、プログラマーのMさんが相談してくれていたということもあるのですが、節目にふと連絡を頂けるそのタイミングにはいつも驚かされます。“僕は、遠い所からでも感じていますよ”そん...

NO IMAGE

小さな接点

ちょっとした急ぎの用事で、こちらの方面まで来てくれたプログラマーのMさん。駅近くを一緒に歩いていたら、すれ違ったのは男子中学生の三人でした。「あっ、あの子。黒い服を着ている子見えた?雪だるま君だよ!」そう伝えると、目を見開いて喜んでくれたMさん。「美少年だね~。こんなところで会えると思わなかったよ。...

NO IMAGE

自然な形で400記事

全く意識していなかった400記事目到達。この緩やかな気持ちがいいんでしょうね。気が付いたらここまで来ていた、そんな感じです。 少しだけくだらない話に付き合ってもらうと、一番最初の公開時間は夜の7時でした。理由は、プログラマーのMさんが熱狂的な阪神ファンで、ラッキー7に並々ならぬこだわりがあることと...

NO IMAGE

どうでもいい衝撃

ゴリゴリの肩回りをほぐしてもらおうと、いつもの接骨院へ行くと、なぜだか急に先生の年齢が気になりだし、思わず聞いてしまいました。「あ、僕、今年で26歳です。」「・・・。」若い!先生と盛り上がり過ぎて、年の差を忘れていたけど、そんなにあったのね。干支は一周しているだろうとなんとなく思っていたのですが、具...

NO IMAGE

変わらない価値

ちょっと前の慌ただしい午後、量販店の方から電話が入り、BVLGARIのオーバーホールが無事に終わったという連絡を頂き、翌日取りに行ってきました。なんだか久しぶりに手に取ることができたので嬉しくなってしまい、ピカピカの状態でもあったので、またここから頑張ろうと思いました。よく見ると、1分程時計の針が進...

NO IMAGE

届いてほしい所へ

いつも心配しているのは、気づかれてほしくない人にサイトの存在を知られ、書きづらくなるということ。そういった話は、プログラマーのMさんに随分しました。そして、思いがけない返答が。そのひと言に、小さな迷いが無くなったような気がしています。 「Sちゃんが本当に届いてほしいと願っている人の所に、このサイト...

NO IMAGE

三年目の始まり

7月は、このサイトをオープンさせた月であり、今月で三年目に突入しました。私よりもプログラマーのMさんの方が、そのことを大切にしてくれていて、月初めにとても丁寧な連絡をもらい、パソコンを開いて、こみ上げるものがありました。『二年間、本当にありがとう。たくさん感動をもらったよ。頑張る姿に勇気をもらった。...

NO IMAGE

ダブルチェックじゃ足りない

大学図書館で経理的な仕事をしていた頃、締めに間に合うよう最終確認をし、そのまま書類を経理へ持って行こうと思っていました。が、なぜか分からないのですが、もう一度確認したい衝動に駆られ、最初から見直してみると、教授に依頼されて購入した本を、5000円と計上していたのですが、実際は50000円で、慌ててそ...