「 友達 」一覧

NO IMAGE

仲間がいる

自宅にいたくみちゃんが相変わらず汚れが酷く、前日の夜から息子を説得し、明日はお洗濯するよと約束をして就寝。翌朝、握りしめながら洗濯機の前にやってきて、「くみちゃん、これからぐるぐるされちゃうけど頑張ってね。寂しくないようにホワイトタイガーちゃんとゴマちゃんも連れてきたよ!」と、3匹を投入しお別れ。「...

NO IMAGE

離れてから戻る時

幼稚園のお泊り保育の翌日、朝からお迎えに行くと、息子は充実した顔をしていて、Y先生が様子を伝えてくれました。「よく食べて楽しく過ごしていました。寝る時は、仲良しのD君が隣だったので、くまちゃんを出すことなく自然と寝ていきましたよ。」と。その話を聞いた時、本当に驚き、お友達の存在の大きさを改めて痛感し...

NO IMAGE

お礼の形

以前紹介させて頂いた、プログラマーの友達の元仕事仲間である技術営業のFさん。私の記事の中に登場してくださっている中で、対面したことのない、数少ない貴重な存在です。 創造力は全くないけど、想像力は人よりも少しだけあるのかな。ジャンルは偏っていましたが、それなりに本を読んできたので、言葉から沢山の...

NO IMAGE

一人じゃない

この間、本当に久しぶりに仲良しのKちゃんとスタバで待ち合わせをし、前夜からワクワクしてしまったのもあり、なかなか寝付けず当日を迎えました。仮眠を短時間取ろうとしたもののやっぱり難しく、そのまま現地へ。 調子がすぐれない中でも、友達の醸し出す優しい雰囲気はそのままでなんだか沁みました。ふわっと包み込...

NO IMAGE

異性の視点

すごくくだらないこと。 少し前の『男の友情』の記事が、かなりの閲覧数で新記録。その後、渾身のストレートを投げた『学んでいたこととは -長編-』は、あとほんの少し足りなくて、彼らを抜くことはできませんでした。なんだか、嬉しい悔しさです。 ということは、やっぱり男性の読者の方が多いということが立証さ...

NO IMAGE

お店は、どうやって決める?

確実に言えるのは、行く相手によって決まるということ。一人の時は、気の赴くままになんとなく行き慣れたカフェに行くのですが、誘う人がいるとまた変わってきますね。 女性同士は、ランチやティータイムが多くて、職場の方達とはもちろんゆっくり夜ご飯だったかな。 塾の講師をしていた時は、車通勤で帰宅時間が...

NO IMAGE

相手のことを知っている

今年の年賀状で、結婚してからずっと会えていない友達からの一行に、ぐっときました。 『Sさん、元気にしてる?元気ならそれでいいの。』 これだけなのに、友情の深さを感じ、胸が熱くなりました。友達は、私の性格をとてもよく知っています。ぐいぐいこられるとちょっと引いてしまうところも、今でも一人で頑張...

NO IMAGE

男の友情

今書いているのは土曜日。今夜は、このサイトを全面サポートしてくれているプログラマーの友人と、夫二人で飲みに行ってもらいました。 今回で会うのはまだ二回目。私の心に触れてくれる彼らにいつも助けられているので、きっとお酒でも入ったら気が合うだろうという、計画的犯行で、飲みの席を勝手に用意。 なん...

NO IMAGE

別れが強くする

インド人の友達と楽しいお別れランチの後、幼稚園ではもう話せるタイミングがないと思い、予めプレゼントを渡しました。それは、私とお揃いの携帯スリッパ。お気に入りのお店で購入し、ずっと渡したくて持っていた物。 とても喜んでくれて、お礼のメールには『thoughtful gift』の文字が。思いやりの...

NO IMAGE

関西弁に救われる

私の周りには、意外と関西出身の方達が多く、関西弁が懐かしくもあり、聞くと嬉しくなります。 大学は愛知県内だったのですが、関東よりも関西からの学生さんが多く、ボケとツッコミはかなり鍛えられました。 兵庫県出身の男友達と話していても、「なんでボケにボケを重ねるねん!俺、今絶妙なボケをしたやんか。...