「 友達 」一覧

NO IMAGE

大学同窓会の招待

この間、出身大学から同窓会の案内が届きました。 カラーのパンフレットで、沢山の情報や写真がそこにはあり、見事に大学時代の自分が蘇りました。 卒業して16年、学びたいことがまだまだ沢山あり、大学院を考えていたことも。財政的に無理なことは十分理解していて、院生になって学び続ける友達が少し羨ましく...

NO IMAGE

格好をつけるタイミング

幼稚園から大学まで共学で、大学は7割が男子学生だったので、必然的に男友達ができました。 そういう話は、彼女にしたら?と言いたくなるような弱音を吐いてきて、困惑したことも。 格好いい姿を彼女に見せて、私に弱さを見せて、バランスを取っていた友達が一体何人いたことか。女性というより、“人”として見...

NO IMAGE

言語から伝わる面白さ

中国人の男の子ママと、幼稚園がお休みの日に遊ぶ約束をしたのですが、急に予定が入ってしまったらしく、メールを送ってくれました。 「本当にごめんなさい。その日は私だけ用事ができてしまって、おじさんとおばさんは息子を連れて行くことができるのだけど、中国語しか話せないの。」等々。 大学の第二外国語で...

NO IMAGE

不思議な巡り合い

息子がまだ1歳だった時、以前少しだけ勤務していた学校の校長先生から電話があり、同じ系列の学校で勤務しないかと声をかけて頂きました。 まだまだ睡眠不足が続いている中で、自分らしさみたいなものを思い出させてくれた一本の電話。 その後、紹介された学校の教頭先生から電話を頂いたのですが、フルタイムで...

NO IMAGE

本物の優しさ

私の人生でおそらくベスト3に入るであろう、辛かった時期は二十歳の頃。 父の転勤の辞令がもうすぐ出るという時、女の人と一緒に行く気配が感じられ、母は夜通し泣き、一睡もできなかったその日は、二十歳の誕生日でした。 家族はもちろん誰も覚えていなくて、どうしてこの人達は私を産んだのだろうと泣きながら家を...

NO IMAGE

嬉しい国際交流

『オーストラリアが好きな理由』でも書かせてもらったのですが、息子のクラスにはプレ幼稚園で知り合った中国人の男の子と、年少で仲良くなったインド人の女の子がいて、お母さん達とも仲良くさせてもらっています。 中国人のママは、大学から日本に来ていたようで、日本語が上手、メールも普通に日本語で送ってきて...

NO IMAGE

ふと会いたくなった人

一人暮らしをしていた時、姉の大阪時代の友達が千葉に引っ越すことになり、遊びにおいでと連絡をくれたことがありました。 「大阪は隠れホームタウン」のパスタのお姉さんです。 姉の女子寮に電話したら、その姉さんが取ってくれたことがあって、「できのいい妹から電話だよ~。」と姉に伝えてくれたことも。どん...

NO IMAGE

友達に久しぶりの連絡

私が勝手に友達だと思っていて、相手はそう思っていないかもしれないのですが、一度すごく助けられた人がいます。 一対一の男女の友情はありかなしか、よくそのような話題って出ると思うのですが、私はあり派。 loveじゃなくてlikeというか、人間愛みたいなもの、色々な男友達からよく感じていました。 ...

NO IMAGE

話し相手がいる喜び

息子が熱を出すことが時々あり、ここ数日二人で引き籠り。 急に熱が下がるのはよくあることで、安心して外に出ると、仲良くさせてもらっている同じマンションのおじさんが、なぜかマグカップを片手にドアの外で佇んでいました。 「どうしたんですか?」と聞いてみると、「僕は田中のマー君の試合が観たかったんだけど...

NO IMAGE

オーストラリアが好きな理由

一人暮らしの時は、仕事で少しだけ必要性を感じ、英会話を学んでいました。 20代の頃だったので、なんだかとても懐かしいです。 地元を離れて、新しい土地で初めてできた友達は、英会話教室のオーストラリア出身の男性講師。 私の下手な英語にいつも付き合ってくれて、一体何度握手をされたことか。 少人...