「 家族 」一覧

NO IMAGE

片道切符

宿題の時間になるとぐずり出すことが多くなる息子。算数の問題が理解できない上に、空気の変わる夕方に頭痛が悪化するので、そのイライラをぶつけられ、宥めながらもこっちも痛いんじゃ!と思い、軽いバトルが待っていました。いつものことと言えばいつものこと。この状況で問題の説明をしたところで頭に入っていく訳がない...

NO IMAGE

広がる想像力

息子が相変わらずぬいぐるみ達と楽しそうに遊んでいたので、声をかけてみると、色々と答えてくれました。「ライオンのライくんは、明日旭山動物園にバイトなの。ゆめくん(旭山動物園にいたしろくまの赤ちゃんがゆめちゃんなので、我が家は男の子のしろくま)と肉くん(肉をくわえているホワイトタイガーの赤ちゃん)は動物...

NO IMAGE

理由を知りたい

今年の夏に息子と観ていた世界陸上。障害物の種目を見て、率直な感想が漏れました。「色々な競技がある中で、どうして障害物をやりたいと思ったんだろうね。走っている途中に水たまりがあったら、怪我のリスクも高まると思うのに、敢えて選んだのは理由があるんだろうね。」と私。「そうだよね。見ていて面白いよ。グラウン...

NO IMAGE

悔しさから伝わるもの

日本シリーズ第2戦、夕飯前に二人ともお風呂を済ませ、6時の試合開始と共にファンタオレンジで乾杯。ゆっくりとご飯を食べ、気持ちは神宮球場の中へ入っていきました。その日の昼に、ヤクルトのファンクラブキッズ会員に入会。届けられる会員のユニフォームにオプションで払えば、選手の背番号と名前が入れられるよと息子...

NO IMAGE

大笑いしよう

夏休み明け、ようやく落ち着いてシェアオフィスに行くと、待っていてくれたのはネネちゃんと同い年の女性スタッフさん。「お久しぶり~!元気そうで何より!」と半分友達のようなテンションに笑ってしまいました。「お久しぶりですっ。8月の絵、ホワイトボードに何を描いていたんだろうとずっと気になっていたんです。」「...

NO IMAGE

もしも別の道に進んでいたら

甲子園、愛工大名電(愛知)対八戸学院光星(青森)の試合を、ヤクルト観戦に行く午前中、テレビで観ていました。延長戦に入り、劇的なサヨナラ勝ちで名電が勝利し、歓喜したのですが、その時マウンドに崩れ落ち、涙が止まらない相手ピッチャーの姿を見て、泣きそうになりました。サヨナラ勝ちは喜びが仲間と爆発するのに、...

NO IMAGE

深さが増していく

夏休み前、いつものように息子を学校へ送り届けようとすると、甲子園予選の為に練習に励んでいた高校球児の一人がグラウンドで練習をやめ、急に「ありがとうございます!」と体育館に向かって頭を下げるので何事かと思いました。すると、その直後に体育館から甲子園でよく耳にする楽曲が吹奏楽団の方達によって演奏され、胸...

NO IMAGE

ポリシーを大切にしてる?

この間の旗振り当番は、途中から本降りの雨になってしまい、それでも傘をさしながら元気よく挨拶してくれた子供達の声が心の中に残っていて、いい時間でした。その中で、長傘を握りしめて、雨に濡れながら信号にやってきた男の子がいたので声をかけました。「雨に濡れちゃうよ~。」「僕、朝は傘を使わないことに決めている...

NO IMAGE

相手の立場

少年野球の前夜、息子がぽつりと聞いてくれました。「ママ、ライト前にボールが落ちた時、どこに投げたらいいの?」と。「ファーストに投げることが多いと思うけど、ランナーがいた場合、ホームベースに突っ込んでいく可能性もあるから、その時の状況で投げる場所を変えるんだよ。」「そうなんだ。反応が遅れると、怒鳴って...

NO IMAGE

残された時間

この間は、息子と約束していたズーラシアへ行ってきました。気負うとなかなか睡眠が取れないのは相変わらずで、それでも一日が楽しく終わりますようにと祈りを込めて、ピンクサファイアのネックレスを付けることに。誕生石がきっと自分を守ってくれる。その後、朝早くから電車に乗り、バスを待って現地に到着しました。張り...