「 家族 」一覧

NO IMAGE

道は途切れない

クリスマスイブの前夜、お買いものパンダの本と、タリーズと小田急がコラボしたくまちゃんの第二弾をツリーの近くに置いておくと、それに気づいた息子は大喜び。なぜイブイブの日に渡したかというと、プレゼントが待ちきれず、うずうずしていたので、少しだけフライングをして用意することに。なんかね、息子らしいものであ...

NO IMAGE

理由を掘ってみた

新規開拓をした接骨院、そこで先生に言われた言葉を改めて思い出してみました。「スポーツは何かされていたんですか?」「中学の時はテニスと陸上部に入っていたんです。」「いいですね!それでは、体を動かすのは元々お好きなんですね。陸上は何をされていたんですか?」「走り幅跳びと長距離です。」「ほう。どうして走り...

NO IMAGE

本気のリベンジ

今年度の小学校のクラブ活動は科学。息子が2年連続同じ選択をしたので、理由が気になって聞いてみました。「他のクラブにしなかったのはどうして?」「4年生の最後にインフルエンザにかかっちゃって学校に行けなかったでしょ。その時、最後のクラブ活動があったんだよ。ママと持ち物を準備して、何か食べ物を作る日だった...

NO IMAGE

心地の良い波

手術後、ホルモン治療を始めた時は、ずーんと上から押さえつけられる辛さがあり、地下5階にいるような感覚がありました。そして、治療が終わると少し上がれたものの、女性ホルモンがあまり出ていない可能性からの更年期症状に悩まされ、乱高下する波に自分が翻弄されてしまいそうになる毎日。これは、私の症状であって息子...

NO IMAGE

マイナスではなかったりして

息子が楽しみにしていた学校行事、一泊の野外活動の日が近づいてきました。大きなボストンバッグを買い、持ち物のプリントを見ながら夏休みの間に準備。そして、二日前にほとんどの用意を済ませ、ラグビーワールドカップの試合を待つことに。7時半からの試合中継、桜のジャージーを着た選手達が君が代を歌い、4年前を思い...

NO IMAGE

線から多角形に

ゆっくり味わっていた仙台駅で買った牛たん風味のかきの種。最後の一袋になると、息子が伝えてきました。「もう最後だ。あ~あ、もう一生食べられないのかあ。」「そんな大袈裟な話じゃないでしょ。何がきっかけでまた仙台へ行くか分からないよ~。」そんな話でわいわい。そして、ふと伝えてくれました。「そう言えばね、前...

NO IMAGE

気持ちの切り替えスイッチ

今日は息子が半日で学校から帰宅する日。いつもは大谷選手の第一打席を見て、少しずつギアを上げていくものの、今朝は時間との戦いなので、いきなりアクセルをふかせてみました。ルーティンが違うので、どうなることやら。油断しているとすぐに沈んでしまいそうになるメンタルをどうしようかと思っていた時、一日に二本のホ...

NO IMAGE

自分の生き方

息子が箱根旅行で買ってきたカワウソのカンちゃん。ズーラシアで以前に買ったカワウソ親子の家族だったと話してくれました。「カンちゃんね、赤ちゃんの時にママと離れちゃったの。そうしたら川に流されて、箱根に辿り着いたの。優しい人が拾ってくれて、おみやげ屋さんで並んでいたんだ。ボクが行った時に目が合って、おう...

NO IMAGE

線が太くなる

息子の宿題プリントのサイン欄に、『mommy』と書いておくと、後日担任の先生が、その周りに小さなちょうちょを沢山描いておいてくれました。なんだろうな、先生のセンスの良さを感じるのと、こちらの世界をお花畑のように思ってくれているようで嬉しくなりました。そして、息子がひと言。「今日のたまご教室ね、授業参...

NO IMAGE

自分の地図

息子の熱は一日で下がったものの、咳がなかなか治らなかったので、発熱外来を受診することに。まだ本調子ではない子供を病院に連れていくのはなかなか大変、でもそれを何度もやってきたんだよねと朝から自分を奮い立たせ、待合室まで辿り着きました。長い時間待ち、ようやく呼ばれると担任の先生に似た明るい女医さんでなん...