「 日常 」一覧

NO IMAGE

その日にこだわらない

息子が学校から帰ると、手も洗わずに、自宅専用の本人が勝手に作ったお道具箱に張り付いてしまいました。早く洗いなさい!と訴えても何かに没頭。ようやく仕上がったのか、満面の笑みで近づき、伝えてくれました。「ちょっと前、ママの誕生日だったから、学校の休み時間に作ったんだ。」と言って渡してくれたのは、ビーズで...

NO IMAGE

特にない日

以前、英会話に通っていた頃、欧米人の先生が必ず聞いてくれました。「What were you doing last weekend?(週末は何をやっていた?)」その質問に対し、時々耳にしたのが、「Nothing special.(特に何もないよ)」という生徒さんの返事。なんだかそのやりとりがとても好...

NO IMAGE

優しい配慮

いつもより若干早めにシェアオフィスに着くと、営業の方らしき方を何人も見かけ、カタカタとパソコンを叩いた後にサクッと出ていく姿を気持ちよく見送った朝。中にはゴロゴロが付いたスーツケースを持参の方もいて、これから出張なのだと分かりました。朝からお疲れさまです。 そんな状況の中、なぜか私が気に入っている...

NO IMAGE

どうでもいい衝撃

ゴリゴリの肩回りをほぐしてもらおうと、いつもの接骨院へ行くと、なぜだか急に先生の年齢が気になりだし、思わず聞いてしまいました。「あ、僕、今年で26歳です。」「・・・。」若い!先生と盛り上がり過ぎて、年の差を忘れていたけど、そんなにあったのね。干支は一周しているだろうとなんとなく思っていたのですが、具...

NO IMAGE

変わらない価値

ちょっと前の慌ただしい午後、量販店の方から電話が入り、BVLGARIのオーバーホールが無事に終わったという連絡を頂き、翌日取りに行ってきました。なんだか久しぶりに手に取ることができたので嬉しくなってしまい、ピカピカの状態でもあったので、またここから頑張ろうと思いました。よく見ると、1分程時計の針が進...

NO IMAGE

毎年のこと

夏休みのような長期連休になると、毎回今の公開ペースを維持できるのかと気がかりになることもあるのですが、弱音を吐きながらもここまでクリアしてきているので、プログラマーのMさんが前ほど心配してくれなくなりました。とほほ。息子と同じ空間にいて、書ける日がきたらそれはやはりミラクルですね。 少し前の懇...

NO IMAGE

心を大切にする

プロ野球の外国人選手が、梅雨の時期になると打率が下がるという話を聞いたことがあり、私自身は大丈夫だろうかと今年はよく分からない不安感と戦っていました。単純に、雨の日は気分が沈みがちになるから。でもそれは、きっと大なり小なり誰でもそうですね。 最近はずっとシェアオフィスに通っていたので、久しぶり...

NO IMAGE

そこにある日曜日

私がシェアオフィスを利用するにあたり、一番気にしていたのは、ここで書く記事が固くなるのではということ。『さくらdeカフェ』が、『さくらdeオフィス』になってしまったらどうしようと一人で心配していました。それでも、通ってみると、何も変わらない気持ちがあり、そのことに安心する日々。ゆったりとした時間も持...

NO IMAGE

ライトの違い

今日は、たまに利用するベーカリーカフェに入り、短時間だけぼーっとしていました。すると目に入ってきたのは、ぶら下がっていた電球。優しい光にほっとします。そんな灯りは、図書館のデスクに置かれたlightを連想させてくれるから。 私が行っているのは、write(書く)ということ。英語のwritingとい...

NO IMAGE

たった10分

この間の家庭訪問は、バタバタしながら帰宅し、ぼさぼさの髪の毛を整えていたら息子が帰宅。おやつを食べたいというセリフを制止し、先生が来るからLEGOで遊んでいてとお願いすると、さすがにおとなしくしてくれました。 担任の先生が来訪し、ダイニングテーブルで対面。子育ても終わった母親の先輩でもある先生...