「 日常 」一覧

NO IMAGE

絶妙な相づち

緊急事態宣言中、主治医の所へ通院があったので、両親宅に息子を預け車で行ってきました。入り口近くでは、問診と検温。厳戒態勢の中で、その対応がとても有難く、安心と共に院内へ入りました。いつもと少し違う気持ちで先生と対面すると、ほろりとくるものがあって。電話診療では得られない包容力のような温かさを感じ、ほ...

NO IMAGE

きっかけはなんでもいい

天気のいい日に、シェアオフィスに来ると、アルコール消毒をしながら入り口の電光掲示版が気になり、思わず見入ってしまいました。『乙女座の今日の運勢、生命力旺盛』、今日に限らずいつも旺盛なんだけどなと心の中で呟きながらドアを開けると、ちょっと晴れやかな気持ちになっていて。生まれた時から全力、占いの星三つど...

NO IMAGE

できないことよりできること

息子が休校になってから毎日のように教え始めた勉強。不思議なことに、日を追うごとに二人の絆が深まっていくようで。大変なのはみんな一緒。その中でも、子供がかかる負担を大人が考えていく、そのことがどれだけ大事なのか痛感しています。きっとこちらが想像するよりも、もっと大きなストレスなんだろうなと。 急...

NO IMAGE

たったひとつの言葉

母と息子と三人で出かけた公園帰りの夜。テンションがまだ高かった息子と、くみちゃんを運転士さんにしながら電車ごっこで寝室へ。「くみちゃん電車、ベッド駅に着きました~。」そう言って息子がベッドに入るのが定番だったのですが、なぜかその日はもじもじして立っていたので、膝をついて同じ目の高さになり、聞いてみま...

NO IMAGE

ピースがはまる感覚

三学期のこと。我が家のわんぱく7歳児が、学校から帰宅すると、相変わらず手も洗わずにランドセルをガサゴソ。汚い手でいたらダメでしょ!と怒っていると、取り出したのは細いモールで作った指輪でした。「朝ね、学校についてから思いついて、ママに作ろうと思ったの。はい、プレゼント。」もう、怒りの後の喜びは半端ない...

NO IMAGE

人の手

毎晩、隣で息子の宿題を教えていたら、急に伝えてくれました。「ママの手、大丈夫?血が出ているよ。」と。毎年冬になるとすっかり乾燥して、どれだけハンドクリームを塗っても手を何度も洗うと落ちてしまい、赤切れが酷くなるのですが、痛みも血も慣れてしまったので、私にとっては普通のことでした。まさか、そんなところ...

NO IMAGE

溢れた日

1月16日、学校から帰ってきた息子が、思いがけないことを伝えてきました。「明日ね、随分前に大きな地震があった日なんでしょ。先生が、授業で話してくれたの。ものすごい沢山の人が大変な思いをしたって。ママはその時どうしていたの?」「お母さんね、その時中学3年生だったの。朝早くに地震を感じて飛び起きたの。ま...

NO IMAGE

一敗一勝

逆のタイトルはありました、結構前に。今回は負けが先、それもいい。 またやってきた旗振り当番の日、予報では曇り後晴れだったのに、なぜか朝から雨。仕方がないのでレインコートを着て、現地に向かいました。1年生の間は、一緒に組んでもらうことになっていたお母さんが引っ越しをされた為、今回はどなただろうと思っ...

NO IMAGE

ゴタゴタもいいんじゃない

息子が小学校で使っている連絡帳。縦書きを買ってしまったのですが、宿題などが書ける欄のある横書きの方がいいとプリントには書いてあり、慌てて連絡帳の旅へ。シェアオフィスにパソコンを置いて、ショッピングモールをはしごしてきました。思うように見つからず、結局A6サイズの小さい横書きを購入。そのまま競歩並みの...

NO IMAGE

その日にこだわらない

息子が学校から帰ると、手も洗わずに、自宅専用の本人が勝手に作ったお道具箱に張り付いてしまいました。早く洗いなさい!と訴えても何かに没頭。ようやく仕上がったのか、満面の笑みで近づき、伝えてくれました。「ちょっと前、ママの誕生日だったから、学校の休み時間に作ったんだ。」と言って渡してくれたのは、ビーズで...