「 日常 」一覧

NO IMAGE

探していたもの

今年の夏休みは、ずっと息子と一緒にいたので、笑ってしまうぐらい大変だったこと、そんな中でも途切れず記事を公開できたことにほっとしています。昨晩は、旭山動物園ごっこで盛り上がり、ようやく寝てくれました。ひとつひとつのぬいぐるみを、彼は“家族”と言う。そこに色々な意味が込められているのだろうと思うと、全...

NO IMAGE

笑いがそこにある

息子が夏祭りから帰った後、改めて面白い情報を伝えてくれました。「D君だけじゃなくて、いつも一緒に帰っているT君とも待ち合わせをしていたの。でも、前の日にもお祭りに行ったらしく、かき氷を4杯も食べて、お腹が痛くなって今日は来られなかったみたい。」「それは残念だったね。どうして分かったの?」「前の日も一...

NO IMAGE

何が大切?

二人で盛り上がっていた夕飯時、『鬼滅の刃』の話になり、息子が続きを話そうとしたので全力で止めました。「図書室に鬼滅の刃の本が置いてあって、ボク全部読んじゃったんだよ。最後の方は感動した。ぐふっ。」とネタバレをしたくて仕方がなさそうだったので、「絶対に続きは言わないで~。」とわいわい。「ボクね、テレビ...

NO IMAGE

ピンチを笑いに

毎晩の寝かしつけは、就寝30分前に息子がぬいぐるみを抱え、「ママ、ボクの部屋に行こ~。」というのが定番になってしまいました。昨晩はクイズ大会で、紙コップをひっくり返して底をボタン代わりにし、モグラたたきのミニハンマーでピンポンを押すという9歳児の創造力に大笑い。その後、動物達はお客さんで、私が問題を...

NO IMAGE

ご褒美がたくさん

学校で常任委員会があった日、息子がお留守番をしてくれていたので、午後は思い切って電車に乗って広い公園へ向かうことになりました。遊び道具と飲み物をリュックに詰め、いざ電車のプチ旅へ。すると、駅に着いて息子がぽつり。「ママと二人で電車に乗るの珍しいね!」「そうだね。前はいつだっけ?」「おばあちゃんと三人...

NO IMAGE

第二章の始まり

段ボールの山をあっという間に片付け、事務的なことを一気にこなし、ようやく辿り着いたシェアオフィス。新居から少し遠くなってしまったものの、いつもとは違う道からのサイクリングに嬉しくなりました。そして、変わらない安らぎの空間に身を置くとほっとして。ただいま、挫けそうな時自分を支えてくれたこの空間、大きな...

NO IMAGE

色々な人生

息子が母と遊んでくれている間に、3件の引っ越し業者さんの見積もりの手配をしてくださった恩人の営業Mさん。審査用の書類を持っていった時、聞いてくれました。「引っ越し業者さんに依頼されるおつもりですか?」と。はいと返事をすると4件のパンフレットを見せて頂き、色々と世話を焼いてくれてそれが本当に有難くて。...

NO IMAGE

選ぶということ

息子が最近よく聞いてくる二択の質問。「ママ、鬼滅の刃の煉獄さんと富岡義勇、どっちが好き?」その二人を私に選べと?善逸が一番好きなことを知っている息子は、二番目に好きな人をどうしても私から聞き出したいらしく、連日の質問攻めが待っていました。「う~ん、どちらも格好いいから本当に難しいんだよ。」「でもボク...

NO IMAGE

人と人

昨日は、個人面談で学校へ行くことになりました。半日の授業で息子が帰宅し、おやつを食べてから自転車でいざ現地へ。放課後の遊び場所としてボランティアの方が見てくださる体育館へ向かうと、息子の顔を見るなり、「久しぶり~。」とスタッフさんが言ってくれて胸が熱くなりました。だって、前回は確か春の個人面談の時だ...

NO IMAGE

前へ進むための一歩

今日は久しぶりに旗振り当番へ行ってきました。気持ちよく晴れた雲一つない空を見上げながら、交差点まで息子と歩く道。一直線のこの道が未来を感じさせてくれているようで、彼の成長に時々胸が熱くなって。「ママ、今日もボク走ろうか?」「時間がまだあるからいいよ。」「え~、走りたかったのに。たまに走って学校に行く...