「 癒し 」一覧

NO IMAGE

誰かのぬくもり

息子と電車に乗って出向いたゲームセンター。前回、メダル落としでどんどん増え、その場所に保管をしておいたので、喜んでまた引き出し、いつもの席に座りました。が、今回は全然うまくいかず、あんなに沢山あったメダルはほとんどなくなり、息子が少しずつしょげ始め困惑していると、一人の男子学生さんが声をかけてくれて...

NO IMAGE

それぞれの世界観

息子がふとした拍子に伝えてきました。「ボクも左利きが良かった。」「どうして?世の中の仕組みは右利き用になっていることが多いから、結構不便な時もあるよ。」「だって、ママの世界に行けるから。ママと一緒がいい。」その言葉を聞いて、何とも言えない気持ちがこみ上げてきました。二人暮らしを始め、前より密が濃くな...

NO IMAGE

頼もしい人

ある平日の朝、起きた瞬間ものすごい吐き気に襲われ、なんとか適当な朝ご飯を準備したものの、起き上がってはいられない状態になり、息子に言いました。「お母さんね、かなり気分が悪くて、今日は送っていけそうにもなくてごめんね。帰りは良くなったらお迎えに行くから、気を付けて行ってきてね。」そう言って、ベッドの上...

NO IMAGE

瞬間移動

朝から雨、気持ちがどんどん沈んでしまわないように、勢いで図書館へ向かうとようやく気持ちが上がってきました。そして、いつも利用しない2階の閲覧室でパソコンを開けると、見えている景色が変わり、流れ出しました。自分にとって心地良いこと、どうしたら顔が上がるのか、少しずつ分かってきたよ。燃料が切れない為に、...

NO IMAGE

感動よりも笑いを

こちらの雰囲気を十分わかってくれている婦人科の先生は、会う度ラフに話しかけてくれて。「先生、どうやらまた副鼻腔炎になってしまったみたいなんです。」「それは辛いな~。」「はい、もう最悪なんです!!」と素直に伝えると、大爆笑されてしまいました。今の薬でも副作用が出てしまっているのに、さらに何かあると大変...

NO IMAGE

安心感はお薬

大学在学中、教職課程の講義が始まると、教授が慌てて他の棟にある講義室を案内してくれました。え?なんで?と思いながらも皆でぞろぞろ向かうと、そこにはすでに大勢の学生さんが座っていて、後から行った私達は立ち見状態。マイクを持ち穏和に話してくれていたのは、とても有名な心理学者の先生でした。教授も慌てたのか...

NO IMAGE

変わることと変わらないこと

少し前に、久しぶりの旗振り当番。前回は退院後2週間ぐらいで回ってきたので、散々迷って、現地で倒れたら洒落にならないと思い、地区長さんに事情を話し代わりにやって頂きました。そんな時期を越えての当番だったので、なんだか通常の体に戻れたことが嬉しくて。副作用が悪化しているという訳の分からない状態も、吹っ飛...

NO IMAGE

やっぱり花でしょ

シェアオフィスでお世話になった受付の可愛らしいスタッフさん。予めラガーマンTさんから彼女の退職日を聞いていたので、その日は難しいことがわかり、前日のランチの帰りに花屋さんへ寄りました。色んな花があり、お店に入っただけで華やいだ気持ちになって。どれにしよう、やっぱり自分の好きなガーベラかな。そして、彼...

NO IMAGE

たったひと言

今日は雨。一凛珈琲へ行ったものの、あまり長居はよくないと思い、いつもの席でいつもの豆サンドを食べて充電した後、車で図書館へ来ました。少し気分を変えようと思い、3階の自習室へ行ってみると、入れ替え制だということ。予約を取り、初めて利用してみると落ち着いた雰囲気に色々なことがスライドのように駆け巡り、さ...

NO IMAGE

大切な振り返り

次の外来まではシャワー浴。寒い時期に辛いなと思いつつも、息子の出産後も同じ冬で、ぶつくさ言いながらシャワーを浴びていたことを思い出しました。退院後一か月は自宅療養、まだまだ体が鉛のように重く、食欲もいまひとつ。時間をかけてゆっくり元の状態に戻していこうと思っています。在宅ワークなら、少しずつ始めても...