「 司書教諭 」一覧

NO IMAGE

やりきった感

少し前、シェアオフィスのラガーマンTさんに帰り際ようやくお会いすることができ、受付で私の顔を見た瞬間、「負けてしまいました~。」と悔しそうに伝えてくれました。その一瞬がね、もうどうしようもなく堪らなくて。受付で毅然と、どんな言葉をかけたらいいのだろう。 花園にTさんがコーチとして向かう前、伝え...

NO IMAGE

感じ取る気持ち

渋谷で行われる予定だった阪神大震災の復興の集いを、今年は諦め、自宅で祈ることにしました。どんな気持ちで神戸出身のプログラマーMさんと待ち合わせ、その場に向かおうかと1年考えてきたので、行けないことがもどかしいですが、それでもこの場でできることがあるような気がして、今パソコンの前に座っています。 ...

NO IMAGE

遠回りしてみる?

Wordの真っ白な画面をずっとにらめっこして、ふと空を見上げると、曇り空のどんよりとした白い雲が見え、そういえばシェアオフィスの壁紙や天井は白だなとどうでもいいことをぼんやり考えていたら、のんびりとした時間の断片が思い出されました。 それは、大学図書館での遠回り。経理などの仕事に追われ、気分転...

NO IMAGE

ゆっくりとした時間の流れ

少しだけ余裕が出たのか、パソコンの前でぼーっとしていました。色々と課題は山積なのだろうけど、一つ一つを取ってみると、実はたいしたことないんじゃないかと思えてきて。最近の懸念材料は、夜ご飯何を作ろう。冷蔵庫を見てあっさり解決しそうです。 今年も届いた大学同窓会の案内状。よく見てみると、感染症の影...

NO IMAGE

できないことよりできること

息子が休校になってから毎日のように教え始めた勉強。不思議なことに、日を追うごとに二人の絆が深まっていくようで。大変なのはみんな一緒。その中でも、子供がかかる負担を大人が考えていく、そのことがどれだけ大事なのか痛感しています。きっとこちらが想像するよりも、もっと大きなストレスなんだろうなと。 急...

NO IMAGE

塗り替えられない思い出

今年の旅行は、静岡の伊東へ。そこは私にとって特別な場所でした。司書教諭の試験勉強をしていた頃、姉から一本の電話が。「お父さんとお母さん、本気で困った人達だけど、私達も子供を持って、親に助けられたこともあったんだなってようやく思えるようになってね。二人で旅費を出し合って、還暦祝いでもしない?」あんなに...

NO IMAGE

毎年のこと

夏休みのような長期連休になると、毎回今の公開ペースを維持できるのかと気がかりになることもあるのですが、弱音を吐きながらもここまでクリアしてきているので、プログラマーのMさんが前ほど心配してくれなくなりました。とほほ。息子と同じ空間にいて、書ける日がきたらそれはやはりミラクルですね。 少し前の懇...

NO IMAGE

便利さに慣れなくていい

いつも見たいものがあった時は、DVDを借りに行っていたのですが、動画配信サービスの方が便利だと思い、初めて利用してみました。お店に行くまでの往復の時間もなく、パソコンに向かいクリックをするだけで、映像が出てきてちょっと驚きです。 ただ、この便利さに慣れすぎることのないように、息子が見たい時などは、...

NO IMAGE

かけてくれる言葉

いつも通っている接骨院の先生が伝えてくれました。「○○君のお遊戯会、最後ですね。初めて会った時は本当に小さかったのに、しっかりしてきて、感動的なんでしょうね。」そんなことを言われたら、行く前から泣いてしまいそうだ。そして、本番10日前の予行練習のお迎えの時、担任のY先生がいつものように伝えてくれまし...

NO IMAGE

仲間がいる

自宅にいたくみちゃんが相変わらず汚れが酷く、前日の夜から息子を説得し、明日はお洗濯するよと約束をして就寝。翌朝、握りしめながら洗濯機の前にやってきて、「くみちゃん、これからぐるぐるされちゃうけど頑張ってね。寂しくないようにホワイトタイガーちゃんとゴマちゃんも連れてきたよ!」と、3匹を投入しお別れ。「...