「 文庫 」一覧

NO IMAGE

贅沢な気持ち

公開日を週4日から3日にしても、更新しない土日の閲覧数がぐっと下がることなく、いつも通りのアクセスでいてくれたことに驚きました。なんて、贅沢な気持ち。本当に嬉しかったです。 私なりに公開日を減らすことは大きな決断だったのですが、読者の方達がその気持ちを察してくれたのか、気にしないでいてくれたの...

NO IMAGE

ITには強い?

IT(information technology)情報技術。私は強いか弱いかと言われたら、どちらでもない部類に入るのかな。弱かったら、サイトは立ち上げていないし、強かったらプログラマーの友達のサポートが無くてもできるのかも。 最初に公開までの一通りの説明を聞いた時、「うんうん。」と頷きながら...

NO IMAGE

無理なく向いている

母が入院する病院に通うようになり、ふと気づいたことは、病院という雰囲気に自分は合っていて、介護というものがそれほど苦ではないということ。 小さい時から、祖母の入院先にはいたし、祖父の介護を引き受けてきたこと、そして、私自身が現在進行形で通院していることも、理由の一つなのかな。でも、それだけではなく...

NO IMAGE

気が緩んだ後

母の入院に付き添い、必要な物を買って送り届け、母のマンションも用事で往復するようになり、ちょっと時間が経った頃に、あっさり風邪を引いてしまいました。そんなものです。 気を張っている時は、意外と大丈夫なのに、ふっと力が抜けると疲れがどっと出ることもありますね。初期症状で何とかなっているところが有難い...

NO IMAGE

究極の読後感

『永遠の0』(百田尚樹著、講談社文庫)を1年ぐらいかけて読むつもりが、最後は一気に読み切ってしまいました。感想は・・・。言葉にならないということ。そして、祖父の気持ちが重なり、私が感じていたものは当たっていたということ。 祖父は陸軍で、中国の内地で戦っていました。目の前で戦友が亡くなる中、必死...

NO IMAGE

知識が自分を助ける

本を読むことが好きな人は“知的好奇心が旺盛”なんてよく言うのですが、私の場合、“知的”はつかない気がします。ただ、好奇心が旺盛なだけ。自分が興味のあることを掘り下げることが好きで、でもそれが結構中途半端なので、偉そうなことは全く言えないです。 そんな私を救ってくれたのは、社会人になって聴講生と...

NO IMAGE

表に出てみた

ホームに出ている写真を、少し前に水彩画のような家族写真から変更しました。私ではありませんと言ったら、じゃあ誰やねん!と一斉にずっこけてもらえるかな。 これは、プログラマーの友達と打ち合わせの時、彼のスマホからちゃちゃっと撮ってもらった私の画像です。 気心が知れているので、本気モードで文庫を読んで...

NO IMAGE

思いやりって難しい

年中の担任だったH先生には、去年の秋にこのサイトの存在をお話させてもらったので、最初から丁寧に読んで頂き、嬉しくなったことを覚えています。と、同時に忙しい先生の仕事を一つ増やしてしまったかなと心配にもなっていて。 だから、年長に上がってから、担任になってくれたY先生に伝えることを躊躇ってしまい...

NO IMAGE

車派?電車派?

この間の連休は、できるだけ混まなくて、自然が綺麗で、息子を遊ばせられるところを、夫が頑張って探してくれて、富士山二合目の子供向け遊園地へ行ってきました。 行きの車は私一人が後部座席で寝てしまい、助手席のチャイルドシートにいた息子が何度もチラ見。「ママ、また寝てるよ~。」とちゃっかり運転手のパパに報...

NO IMAGE

荷物がなかなか減らせない

自信を持って言えるのは、男性よりも女性の方が、荷物が多いということ。 学生の頃、透明なケースに教科書と財布とたばこを全部まとめて入れて通学している男友達が妙に羨ましくて。 透けていても、全然恥ずかしくない持ち物もいいな~。 勤務先では、図書館のハードカバーの本を借りていたので、A4サイズの...