NO IMAGE

持っている人

息子のひらがなの書き方がまだまだ怪しいので、一緒にお風呂に入っている時、湯気の付いた鏡に『ぎょうざ』を書いてみてと伝えると、随分美味しそうなギョーザの絵を描いてくれました。私の言い方が悪かったのかもしれませんが、ひらがなの練習じゃ!それにしてもなかなかうまいじゃないか。焼き餃子よりも水餃子に見える、...

NO IMAGE

人との結びつき

このサイトは、何かのワードが検索にかかり、ふと一つの記事が読まれるような状態なので、毎回そこで完結させるように意識をして書いています。でも、日々のことは自然な形で継続していくので、やはりなんとなく繋がっていきますね。 今日も朝からシェアオフィスに来て、お気に入りの場所に座り、色々な確認作業をし...

NO IMAGE

落とし物から繋がる気持ち

今日は、ブランチに行く前、シェアオフィスのある1階でスマホの落とし物を発見し、慌てて4階まで戻り、スタッフさんに渡しました。その後戻ってくると、持ち主さんが見つかり、お礼と共にとても喜んでくださっていましたと丁寧に伝えてくださり、ほっとしてデスクに着きました。1つのものを通しての気持ちのやりとりも、...

NO IMAGE

三年目の始まり

7月は、このサイトをオープンさせた月であり、今月で三年目に突入しました。私よりもプログラマーのMさんの方が、そのことを大切にしてくれていて、月初めにとても丁寧な連絡をもらい、パソコンを開いて、こみ上げるものがありました。『二年間、本当にありがとう。たくさん感動をもらったよ。頑張る姿に勇気をもらった。...

NO IMAGE

心を大切にする

プロ野球の外国人選手が、梅雨の時期になると打率が下がるという話を聞いたことがあり、私自身は大丈夫だろうかと今年はよく分からない不安感と戦っていました。単純に、雨の日は気分が沈みがちになるから。でもそれは、きっと大なり小なり誰でもそうですね。 最近はずっとシェアオフィスに通っていたので、久しぶり...

NO IMAGE

事の始まり

息子の記憶力が、こちらが思っているよりも明確なのには毎回驚かされるのですが、この間も思いがけないことを口にしてくれました。「ボクが、4回目に立った時にね、野球を覚えたの。」ん?どういうこと?!小さい頃、立つ練習をしていた時のことを意味するらしく、その視線の先に、もしかしたら野球中継でも目に飛び込んで...

NO IMAGE

普通には答えない

大学図書館のカウンターに座っていた時、大学生の可愛い女の子に聞かれました。「趣味って何ですか?」ここはおとなしく本を読むことですと答えておけば良かったのに、楽しくなってしまい、人間ウォッチングですと意外なことを言うものだから、大盛り上がり。「え~、じゃあ結構私達って見られているんですか?!」と。「そ...

NO IMAGE

苦手なことと得意なこと

息子が相変わらず苦戦しているのが、宿題の音読。何度練習しても、思うように読めず私に八つ当たり。なんとかその日の課題をこなした夜、寝る前になって伝えてきました。「明日、別のページで音読の発表があるんだよ。見ないで読まなければいけないんだけど、ボク、うまく読めない・・・。」もっと早く言いなさいと思いつつ...

NO IMAGE

そこにある日曜日

私がシェアオフィスを利用するにあたり、一番気にしていたのは、ここで書く記事が固くなるのではということ。『さくらdeカフェ』が、『さくらdeオフィス』になってしまったらどうしようと一人で心配していました。それでも、通ってみると、何も変わらない気持ちがあり、そのことに安心する日々。ゆったりとした時間も持...

NO IMAGE

質問返し

随分前に、接骨院の先生が、思いがけないことを聞いてくれました。「中日ファンとして、松坂投手の復活についてどう思いますか?」と。関東に住んでいる、愛知県出身の熱狂的野球ファンの私がどんなことを思っているのか、とても気になってくれていたよう。その気持ちが嬉しく、率直に答えました。 「松坂投手は9月...