NO IMAGE

強要はしないけど

何気なくお化粧品を買い物していたある日、大学時代、大阪の姉に会いに行った日のことが蘇り、レジで笑いを堪えるのが大変でした。帰りに難波まで送ってくれた姉が妙なことを言い出したから。「私ね、お父さんのキャッシュカードを持っているの。これで買い物しちゃおうよ!」「ん?どういうこと?」「この間、海外旅行へ出...

NO IMAGE

ハードルはそのまま

今日は、久しぶりに主治医の診察。とても清々しい秋晴れの日、音楽を聴きながらの運転が気持ちいいと思っていたのも束の間、なぜか渋滞にはまってしまい、一気にトーンダウン。それでも、慌てて入った診察室で、先生のほんわかな雰囲気はいつものままで、その秘密を探ろうとなんでもない会話を楽しみました。 横にな...

NO IMAGE

初めての合宿

息子の野球チームの合宿は、9月の連休に取れて、無事に行ってきてくれました。もらった栞を見ると、ゲームを持ってこないこと!と注意書きがあり、このチームの明るさを知っているだけに笑えてきて。男子ばっかりだもんね。持ってきそうな予備軍はいただろうな。 ずっと楽しみにしていた当日、昼ご飯を早めに食べさせ、...

NO IMAGE

一員になる

息子の野球のユニフォームを見る度、公文バッグを見る度、その場所の一員になってくれたのだと嬉しくなる時があります。もちろん、ランドセルもね。そこに所属しているということ。そして、その仲間意識は時に微笑ましい。 ショッピングモールに行くと、大体いつも吸い込まれるのが書店。このあたりが私の色気のない...

NO IMAGE

形のないプレゼント

今年の40歳の誕生日。究極にどんくさいことをしてしまい、小学校の大切な資料を無くしてしまいました。本当に慌てて、クリアファイルを片っ端から探しても見つからず、冷静な息子が不穏な空気に気づき、「ママどうしたの~?」と聞いてくれました。「大事な紙が見つからないの。」「物は大切にしなきゃいけないんだよ~。...

NO IMAGE

ゆるい約束

息子と一緒にマンションのエレベーターに乗る時、最近はボタンも押せるようになったので、すっかりお任せしてしまい、乗り込んだ後、二人でドアが開くのを待っていました。立っていること数秒。ふと何かに気づきよく見てみると、『閉じる』のボタンだけ押していたらしく、ずっと同じ階でぼーっとしていたよう。それに気づい...

NO IMAGE

小さな接点

ちょっとした急ぎの用事で、こちらの方面まで来てくれたプログラマーのMさん。駅近くを一緒に歩いていたら、すれ違ったのは男子中学生の三人でした。「あっ、あの子。黒い服を着ている子見えた?雪だるま君だよ!」そう伝えると、目を見開いて喜んでくれたMさん。「美少年だね~。こんなところで会えると思わなかったよ。...

NO IMAGE

持って行かれる気分

今回は珍しく、接骨院の先生が意外なことを聞いてくれました。「原稿を書く時、今日はダメだなと感じる時はあるんですか?」と。いい質問です!とこれまた二人で大盛り上がり。聞いてくれる内容が、なんだか先生らしく嬉しくなりました。「体調が悪かったり、睡眠不足だった時はその時点で凹んでいます。コンディションが良...

NO IMAGE

感情が動くとき

今年の家族旅行の記事。せっかくなので、お世話になった旅館にこの場で書かせてもらったことを伝えると、とても丁寧に総支配人さんからメールを頂きました。 週末のある日、夜まで時間ができたので、一人で図書館の窓際の席へ。何気なくパソコンを開くと、そこには一件のメールが。なんだかよく分からないのですが、...

NO IMAGE

優しい配慮

いつもより若干早めにシェアオフィスに着くと、営業の方らしき方を何人も見かけ、カタカタとパソコンを叩いた後にサクッと出ていく姿を気持ちよく見送った朝。中にはゴロゴロが付いたスーツケースを持参の方もいて、これから出張なのだと分かりました。朝からお疲れさまです。 そんな状況の中、なぜか私が気に入っている...