「 趣味 」一覧

NO IMAGE

力をくれる人

久しぶりに接骨院へ行くと、先生が、「イチロー選手、マリナーズ復帰で本当に嬉しいですね!」と笑顔で挨拶。私が大好きなことは、野球少年だった先生もよく知っていて、一緒に喜んでくれました。 「やっぱり、マリナーズのユニフォームが似合いますね。」そんな言葉が、自分のことのように嬉しくて。シアトルに本気で行...

NO IMAGE

イチロー選手が運ぶもの

週に一度、集中する為、スタバで記事を書こうとお店へ。季節限定のさくらドーナツを発見し、これは食べないと後悔すると思い、美味しく頂くことに。 その後、ノートパソコンを開くと一面のニュース欄に、イチロー選手の写真と、『イチロー、マリナーズと合意間近か』の文字が。胸がいっぱいで、お店の中で泣きそうになり...

NO IMAGE

音楽がもたらしてくれたもの

イントロを聴いただけで、涙が溢れそうになる曲があります。 それは、GLAYの『pure soul』という名曲。 大学に入ってすぐの時に、父がリストラの危機に陥りました。すでに家庭崩壊が進んでいた真最中、仕事を失うかもしれないという時、たまたま耳にしたのがこの曲でした。 高校の時からなん...

NO IMAGE

感動の共有

私が好きな本のジャンルは、小説やエッセイが多いです。映画やドラマを見ると原作が読みたくなり、その逆もあり、もっと知りたくなって、その作家の方が書くエッセイを読みたくもなりました。 どんなことに興味があり、どんな考え方をされているのか、そこには素の日常がある気がしたからです。 そんな偉大な作家...

NO IMAGE

映像から受ける衝撃

最近、久しぶりに大好きなアメリカのドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』のDVDを借りて観てみました。 シーズン1の時はまだ一人暮らしで、主人公のメレディス(エレン・ポンピオ)は、外科医の研修医でした。今観ているシーズン11は、いくつもの試験に合格し立派な外科医として、結婚し、子供もいる姿...

NO IMAGE

本を読むということ

司書をやっていた頃は、よく「活字中毒でしょ。」と言われたのですが、ものによります! 電化製品などの取り扱い説明書は苦手で、いつも読まずにボタンを押せば使えると思っていたので、夫にはよく怒られました。 では、好きな本を読むスピードは速いのかというと、めちゃくちゃ遅い。 特に小説は、色々なこと...

NO IMAGE

秋になるとやりたくなること

週末は、家族で広い公園にグローブとバットを持って、秋の高い空を感じながら弾けてきました。 息子に柔らかいボールを持たせて、小さいピッチャーをやってもらうのですが、とんでもない所に投げるので、夫婦で玉拾いに奔走。 あっさり飽きて、「二人でやっていいよ~。」と真ん中で戯れ始めたので、避けながらのキャ...

NO IMAGE

野球の面白さをどう伝えるか

私の意外な趣味は野球、息子の野球チーム見学は、月に一度ほど行かせてもらい、やはりまだ早いと感じたので、様子を見ることになりました。 心からそのスポーツを楽しんでいるコーチの方達は、とても優しくさわやかで、家族で自主練習してから時期を見て、また改めて行かせてもらおうと思います。 自慢のマイグロ...

NO IMAGE

意外な趣味

-送りバントは仲間のために-

野球好きだった父が、3歳の頃に野球を私に教え、その面白さが体に染みついてしまったらしい。 中学の部活動はテニスにし、練習がある土曜日に強引に休みを取るように言われ、球場に足を運ぶことに。 そうそう、「チケットが手に入ったんだよ。」と当日言ってくる相変わらずの能天気さ。 仕事でいつも忙しそうにし...