「 シェアオフィス 」一覧

NO IMAGE

大笑いしよう

夏休み明け、ようやく落ち着いてシェアオフィスに行くと、待っていてくれたのはネネちゃんと同い年の女性スタッフさん。「お久しぶり~!元気そうで何より!」と半分友達のようなテンションに笑ってしまいました。「お久しぶりですっ。8月の絵、ホワイトボードに何を描いていたんだろうとずっと気になっていたんです。」「...

NO IMAGE

北海道を歩いた日

機内でりんごジュースとぶどうジュースを飲み、ぬいぐるみ達に景色を見せ、ご満悦な息子。そして、いよいよ着陸態勢に入りました。悪阻が酷く、行けなかった北海道。授かった命が、こんな無邪気な男の子に成長し、その子と共に北海道の地に降りることができるなんて。急降下する機体、もくもくの雲を抜けるとそこには緑の雄...

NO IMAGE

自分の足で立つということ

今日は地元の神社で夏祭りがあり、息子はお友達と待ち合わせをして、小銭を握りしめ、喜んで出かけていきました。ママよりも友達、その割合がとても自然な形で大きくなっていくのだろうと思うと、嬉しくて。精神的自立、彼の持つ力をどんな時も信じて、そっと離れるスタンバイをしておこうと思います。広報委員で仲良くなっ...

NO IMAGE

心地の良い人

ホルモン治療を始めてから、シェアオフィスに行く回数がすっかり減ってしまい、それでも、挨拶をするようになっていた黒人の綺麗な女性の方が、私に気づき、ガラス越しから手を振ってくれました。きれいな人、お会いする度にドキドキしてしまい、洗練された女性ってこういう人のことを言うのかなと毎回嬉しい気持ちになりま...

NO IMAGE

第二章の始まり

段ボールの山をあっという間に片付け、事務的なことを一気にこなし、ようやく辿り着いたシェアオフィス。新居から少し遠くなってしまったものの、いつもとは違う道からのサイクリングに嬉しくなりました。そして、変わらない安らぎの空間に身を置くとほっとして。ただいま、挫けそうな時自分を支えてくれたこの空間、大きな...

NO IMAGE

新しい扉

シェアオフィスで一緒のスタバで偶然お会いした男性に、また話しかけられ、談笑をさせてもらいました。その中で思いがけないことを言われて。「Sさんは悩みがなさそうですね!」と。一方向から見ると、天真爛漫に映る時もあるのか、たまにこういったことを言われるのですが、内面は嵐が来たり、強引に押し込めたどろどろが...

NO IMAGE

日々を紡ぐ

シェアオフィスに来るとかかっていたのは『カノン』。もうね、いきなりセンチメンタルになっている場合ではない。強引に押し込んだ悲しい記憶を思い出してしまいそうで、当分聴くものかと思っていたら流れていたので、朝から自分に笑ってしまいそうになりました。きっと、本当にふとした瞬間に思い出すんだろうな、いいこと...

NO IMAGE

気持ちの大きさ

せわしない夏休みのある日、母が息子を見てくれることになり、彼の大好きなスシローで待ち合わせ。その前に宿題を終わらせて出かける準備をしていると、宅配便の方がピンポーンと鳴らしてくれました。誰からだろうと見てみると、なぜか姉の名前が書いてあり、びっくり。慌てて開封すると、これまたてんこ盛りの焼き菓子と、...

NO IMAGE

長さではなく濃さ

何の話?コーヒーのサイズ?!ではなく、時間の流れ方。風来坊の父と何気なく会話したことが急に思い起こされました。「お父さんの通勤さ、大きなターミナル駅で乗り継ぎでしょ。結構大変だよね。」「そうだな。日体大の集団行動みたいなんだよ。斜めからどんどん人が来てすれ違うのに、ぶつからないって不思議だよな。」い...

NO IMAGE

気分転換のうまい人

気圧の変化で頭痛が酷く、朝からどう立て直していこうかと考えている中、シェアオフィスでいつもの席に座り、ほっとしました。近くの席に荷物だけが置いてあり、誰だろうと思ってふと机を見ると、そこには山盛りのミルキーが。あっ、ギターのKさん!と本人がいないのに笑わせてもらい、気持ちのいい朝の始まり。彼は私のお...