「 図書館司書 」一覧

NO IMAGE

返ってきた反応

夫が有給の時は、息子の送り届けかお迎えのどちらかをお願いするようにしていて、この間は朝から送り届けてもらいました。夜、夫に会うとなんだか嬉しそうに伝えてくれました。「実は今朝、スケボーパパに会ったんだよ。ちょうど向こうがスケボーに乗るところで、挨拶をしたら感じよく返してくれて、ようやく会えたよ。」と...

NO IMAGE

たまにいいこと

いつもお世話になっているスタバで、スタッフさんによるライブがあることを知り、日曜日の昼だったので、夫に息子をお願いし、パソコンを持って行ってきました。今日は、あまり開かないでおこうと思いつつ、手がキーボードに向かうのはすっかり定位置になっているから。でも、今日は楽しまないと。いつもは一人客の多いこの...

NO IMAGE

安心感を届けること

幼稚園へお迎えに行くと、最近息子がクラスで最後の一人の時があり、ごめんね~と言いながら先生の元へ。ぼんやり待っている時もあれば、先生と座ってお話している時もあり、大好きなY先生と二人きりになれるチャンスを作っているのだから、遅れることは息子に許してもらおうという勝手な魂胆。 ある日、先生が伝えてく...

NO IMAGE

職業病は出る?

昨日は、久しぶりに図書館に行ってパソコンを開いたのですが、なんとなく落ち着かなくて早めに切り上げて帰ってきました。本棚が近くにあると、どうしてもどんな本が置かれているのだろう、配架方法はどうなっているのだろう、利用者の方は何をされているのだろう等々、気になりだしてしまい終了。 以前、公共施設の...

NO IMAGE

カフェの選択

今日は、お気に入りのベーカリーカフェに来ました。ごくたまに利用する時、隣でスーツを着た男性が必ずパソコンを開いて仕事をしていたので、ここは大丈夫だと思い、次回は持ってこようと密かに考えていた穴場です。 プログラマーの友達Mさんが教えてくれた言葉は、ノマドワーカー(nomad worker)。ノ...

NO IMAGE

最後にしない

段々寒くなってきたので、幼稚園後は真っ直ぐ帰ろうねと、朝に息子と約束しても、お迎えに行くと私にいち早く荷物を渡し、どこかへ行ってしまう習慣は直らず、仕方がないので時間を決めて待つことに。すると、「Hi!」という懐かしい声が。振り向くと、インド人の友達がそこにいて、感激と驚きが一気に押し寄せました。「...

NO IMAGE

分類どうする?

くだらないこだわりの一つに、図書館の日本十進分類法(NDC)を真似て、このサイトも10のカテゴリーに分けるつもりが、どんどん増えていつの間にか13という数字。そして、息子は既に年長で、来年は小学生。ということは、小学校のカテゴリーも追加が必要?と、最近のどうでもいい悩みです。 ただ、幼稚園は私...

NO IMAGE

褒められると伸びる?

また、技術営業のFさんが、私が書いた記事を喜んでくださり、「小学生や中学生の頃に朝礼台で表彰してもらったような感覚です。想像に負けそうです。経験からくる温かい言葉の数々をこうしてもらえることは大変光栄なことです。ありがとうございます。」と伝えてくれました。 なんで、朝礼台??と思ったのですが、...

NO IMAGE

ほんの失敗

実はこれ、本の失敗。 “その人の人柄が知りたければ本棚を見よ”というようなことを聞いたことがあり、本棚を見るとその人がどんな趣味や思考をお持ちなのか、なんとなく分かるのだそう。私の場合、一人暮らしをしていたこともあり、ある程度たまるとすぐに売りに行かないと部屋が狭くなるので、うちの本棚を見ても私の...

NO IMAGE

無理なく向いている

母が入院する病院に通うようになり、ふと気づいたことは、病院という雰囲気に自分は合っていて、介護というものがそれほど苦ではないということ。 小さい時から、祖母の入院先にはいたし、祖父の介護を引き受けてきたこと、そして、私自身が現在進行形で通院していることも、理由の一つなのかな。でも、それだけではなく...