世界の料理は何が好き?

これは、男性と女性で意見が分かれるところだと思います。
私の好きな順番を大きく分けると、アジア料理、日本料理、イタリアン、アメリカン、中華の順番。

アジア料理は、フォーやナシゴレンなど酸味があり、ヘルシーな味付けが堪らない。
日本料理は、とにかく体に優しく見た目の美しさは世界一だと思っています。
イタリアン、毎晩夜食にパスタを食べられるぐらい、麺類の中では一番好き。
アメリカンフードは、大味だし豪快なのだけど、ハードロックカフェなどで食べると、テンションが上がってしまい、いつもよりガッツリ食べられてしまう不思議なパワーが入っているかも。
中華は、一番でしょ!と男性の方に言われてしまいそうですが、ラーメンとギョーザはあったら食べる程度で、その中でも好きなのは肉まんです。
中華街は、店内で食べるよりもテイクアウトで十分かな。はふはふしながら美味しいよ~。

今までで一番困ったことは、ホストファミリーがフィリピンからの移民の方達で、もちろん料理はその国のものだったことです。
初日に、胃が弱いから少量でいいし、肉はあまり食べられないと伝えておいたのですが、サービス精神旺盛なママはすっかり忘れていて、山ほどお皿に盛ってくれる上に、フィリピン料理が合わなくて苦戦しました。
アジア料理が好きなはずが、独特な味付けが受け付けなくて、頑張って食べても減らなくて、毎回残して謝って、ママの言ってくれるオーストラリアならではの言い回し「That’s O.K.(いいのよ!)」という言葉に救われていました。

でも、不思議なことに、だんだんと体が慣れてきたのか、ママが気を遣って味付けを変えてくれたのか、美味しいと思えるようになってきて、英語のリスニングと同じように食も慣れるってあるんだなあと、新鮮な気分になったことも。
そういえば、留学先で知り合った日本人の友達が、インドからの移民の家族にお世話になっていて、「毎日違う種類のカレーが出てきて最初は美味しかったんだけど、耐えられないから自炊をさせてもらうことにした!」と話してくれて、大爆笑。人によるのかな、毎日カレーだしね。

私のホストママは、日本通な方で、「やっぱり酢といえばミツカンよね~。」と楽しそうに話してくれたことが忘れられません。
サンドイッチを作りたいと言った時は、「マヨネーズ、キューピーじゃなくてごめんね~。」と言われてしまい・・・。なんでもいいですよ!!私より日本の食品にうるさいってどうよ。

現地で台湾の友達ができた時は、母国の味を食べさせたいと言ってくれて、台湾人が経営するお店に連れて行ってくれました。私が食べている姿を覗きこんで、写真まで撮ってくれた可愛い台湾人の女の子。違う国の友達に、自分の国の料理を美味しそうに食べてもらうことが、本当に嬉しかったみたいで、食の文化で繋がる気持ちもいいなって思わせてくれた、嬉しいディナーでした。

四季を感じる日本の料理は、季節も食材にも感謝しながら、優しく食べることにしよう。
これがきっと日本的で、日本人の穏やかな心。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Afternoon Tea 津軽びいどろタンブラー アフタヌーンティー・リビング
価格:1620円(税込、送料別) (2017/10/31時点)