「 主治医 」一覧

NO IMAGE

気持ちの赴くままに

今日は少し体が軽いなと思い、久しぶりにドトールへ。すると、BGMに乗ってゆっくり思考が動き出し、ひとつの気づきがあって。うちの両親、私が左利きであることを知らない?!いやいやちょっと待てよ、少なくとも母は知っていたはずと昔の記憶を辿ってみることにしました。確か、左利きに気づいてくれたのは幼稚園の先生...

NO IMAGE

理解と勇気

学校帰りの息子をお迎えに行く途中、ある男性が歩道の植え込みに顔を入れているのが見えた時のこと。何か落とし物でもされたのかなと思っていると、近くを通りがかった30代の女性が、その男性を支えようと持ち上げる姿が分かり、近くに杖が転がっていたので、状況が理解でき、慌てて自転車を降りて駆け寄り声をかけました...

NO IMAGE

最終手段

大分弱っていたある夜、本当にもうどうしようもなく辛くなったら、日帰り名古屋で小料理屋のママに会いに行こうと思った時、ふわっと少し気持ちが軽くなったようでした。前回会ったのは二年前、お茶でもしてゆっくり話でもできたら良かったわ、そんな言葉をさりげなくかけてくれたことを思い出して。ここにいるよ、そんなマ...

NO IMAGE

星くずがとんだ

卵巣の摘出をした3年前、執刀医の産婦人科部長が退院前に説明をしてくれた時のことを思い出しました。「卵巣を2つとも摘出していた場合、女性ホルモンが出なくなって寝込んでしまうこともあるんだよ。」と。そんなことにまでなってしまう?!と半信半疑だったものの、実際残してもらった右半分の卵巣も機能しなくなった今...

NO IMAGE

途中で見えた風景

だめなモードに入っていた去年の秋、今日は特にきついのだけど、息子の前では何でもないふりをしようと思い、リビングのドアを開けると、何やらYouTubeを観ている様子。「これ何?」「ヤクルトの入団会見だよ~。」本気のヤクルトファンだなと改めて思っていると、画面に現れたのは高津監督や若い選手達とつば九郎。...

NO IMAGE

春を待とう

新年明けましておめでとうございます。今年も、どうぞよろしくお願いします。明るい光がみなさんを包み込みますように、いつもそう願っています。さあ、2024年はどんなことに涙するのだろう。今年も変わらずこの場所でお待ちしています。一年を駆け抜けながら、給水しに来て頂けたなら。立ち止まった時に見えた景色が、...

NO IMAGE

手を取り合って

運動会も無事に終わり、ラグビーワールドカップ、大事な大事な戦い、アルゼンチン戦がやってきました。試合開始前の時間に間に合うように、あらゆることを済ませ、息子とテレビの前へ。「この試合に負けたらそこで終わってしまうの。勝ち上がれるように応援しよう!」「今日は時差があっても観られる時間で良かったね!8時...

NO IMAGE

秋の気配がやってきた

ようやく夏休みも終わり、通常のリズムが戻ってきました。今年の夏はとても暑く、息子が友達と遊んでくれたのも前半のプールだけ。基本的にはずっと一緒にいたので、パソコンに向かう時間が思うように取れず、かなり苦戦したロングバケーションでした。それでも、なんとか途切れることなくこの場にいられてほっとしています...

NO IMAGE

その時見えたもの

いよいよ夏休み突入、宿題のスケジュールを立て、プログラマーのMさんがまた阪神戦に誘ってくれたので、朝から大忙しの一日が始まりました。その日は、新宿で主治医の通院もあったので、その時間に合わせて準備開始。まずは、ワークに取り掛かっている間に、こちらは家事を済ませ、一緒に早めのランチをしながら大谷選手が...

NO IMAGE

拠り所

息子が自分の血液型を気になりだし、聞いてきました。「ボクの血液型ってなに?」「まだ検査していないから分からないんだよ~。」「ママは?」「O型。」「だったら多分ボクも一緒だ。」半分の確率でそうだし、私の知っているO型男子っぽいな、まあ8割方当たっているだろうと思うと、なんだか笑えてきて。一緒に野球を観...