「 侍JAPAN 」一覧

NO IMAGE

心に残ること

息子がお風呂に入っている間、たまたまやっていた福岡ソフトバンクホークスの試合を観ていました。すると、ソファの隣に座ってきてひと言。「ボク、この選手知ってる。」そこに映し出されたのは松田宣浩選手で、驚きました。「どうして知っているの?ソフトバンクの試合を点けたの、多分今日が初めてだよ。」「なぜか知って...

NO IMAGE

願い続けた夢

13年前の北京オリンピック。4位に終わった侍JAPANが、成田空港に降り立ち、待っていたファンの数も少なく、まばらな拍手で迎えられて無念な表情を見せた星野監督の顔が、ずっと脳裏に残っていました。そして、稲葉監督はその当時稲葉選手だった訳で、JAPANのユニフォームを着て、目を真っ赤にし、悔しさを滲ま...

NO IMAGE

何回分?

息子の夏休みの旅行は、今回両親が誘ってくれました。おじいちゃんとおばあちゃんと彼の三人で、伊豆へ。いつも準備は受け身なのに、今回は自分から持ち物を確認してくれて、もう心は海の中のよう。楽しんでおいで、そんな気持ちをリュックに詰め込み、翌日を迎えました。「体温測った?」「これから測るよ。明日も旅行だか...

NO IMAGE

ほんのひととき

先月は、息子の小学校で音楽会でした。先輩ママからは、短時間だよ~と言われていたのですが、1年生で初めてだったので、朝からなんとなく落ち着かなくて、そわそわした気持ちで自転車を走らせていたら、Kちゃん夫婦(息子ちゃん付き)を発見。彼女と偶然会うのは、もう引力というか磁石ですね。しっくりくる、説明ができ...

NO IMAGE

侍JAPANが一つの輪に

世界野球プレミア12、日本対韓国戦の決勝。テレビの前でその時間を待ちわびていたら、オープニングで流れてきたのは『思い出せあの歓喜を、思い出せあの屈辱を』というアナウンス。4年前の前回大会は、私は何をしていただろうと思い出してみたら、まだまだ2歳の息子の育児に奮闘中で、思うように試合が観られていなかっ...

NO IMAGE

見てくれている人

野球のプレミア12、日本対アメリカ戦。7回裏2対4で負けていた日本の攻撃で、バッターボックスに立ったのは、外崎選手(西武)でした。バットに当たりショートに転がり、全力で走った一塁塁審はセーフの判定。テレビを観ていたその実況に、何かがじわっとこみ上げるものがありました。「1、2打席目はフォアボール、3...

NO IMAGE

感動を忘れない

まだ息子が0歳だった頃に、ベビーカーを引いて時々行っていたカフェ。揺れが気持ちよくて寝たタイミングで入ったそのお店で、50代の女性スタッフさん二人が仲良くしてくれました。睡眠不足が続いていること、夜泣きが酷いこと、それでも滅入ってしまわないようにできるだけ外に出ている話をしたら、うちもあったあったと...

NO IMAGE

嬉しい発見

シェアオフィスに通うようになり、腰痛が悪化したので、理由を色々と考えていたら、一人の男性の姿を見て、答えがあっさり見つかりました。いつも、カフェや図書館を利用していたので、椅子はもちろん高さが決められたもの。それに慣れていたので、シェアオフィスの椅子の高さが自分で変えられるという発想はなく、前に使っ...

NO IMAGE

ふと笑う

先月、たまたま夜食を食べながら日米野球を見ていたら、左上の得点表示が『侍○点、MLB○点』となっていて、ふっと笑ってしまいました。アメリカをMLBと表しているのなら、日本はJPNでいいのではと思ってしまったのですが、侍JAPANの“侍”を表示してくれたのは、なんだか日本的でいいですね。 そうい...

NO IMAGE

チームの為にできること

私が子供の頃から大ファンだった与田剛さんが、楽天の投手コーチから、中日の監督に就任しました。本当に夢のようで、何をどう伝えたらいいのか、嬉しい混乱の中にいたのでなかなか書けませんでした。 小学生の頃、姉が、地元愛知の東邦高校をとても応援し、そこの選手が選ばれるのではと、かじりつくようにドラフト...