NO IMAGE

瞬間移動

朝から雨、気持ちがどんどん沈んでしまわないように、勢いで図書館へ向かうとようやく気持ちが上がってきました。そして、いつも利用しない2階の閲覧室でパソコンを開けると、見えている景色が変わり、流れ出しました。自分にとって心地良いこと、どうしたら顔が上がるのか、少しずつ分かってきたよ。燃料が切れない為に、...

NO IMAGE

山越えの連続

実家にいた小学校低学年の夏、祖父が寝ている部屋で、眠たくなったので一人でお昼寝をしていると、ガッシャーンという音が聞こえ、目が覚めてしまいました。どうやら、近くで姉が小さなボールを壁に向かって投げて遊んでいた拍子に、ボーンボーンと鳴る掛け時計に当たってしまったらしく、ガラスが割れた音だったよう。やば...

NO IMAGE

大きな700記事目

ここまで辿り着けたことに感無量です。今までとは違う100記事の節目、やっぱりビター&スイートなのかな。その割合がビターの方が大きいことに沢山の意味があるようにも思えて。ほろ苦いからこそ届けられる気持ちもあり、振り返ってみた時にあんなこともあったなと笑えるところまで頑張ろうと思います。皆さんの今日と、...

NO IMAGE

遠回りが好き

息子の歯の矯正器具を付けるようになってから、寝落ちするまで隣に私がいないと眠れないようで、2時間ずっと二人で盛り上がってしまう毎日。違和感のあるものが口の中に入るだけで、簡単には寝てくれないだろうと分かってはいたものの、想像以上に寝るのが困難な様子でこちらも色んな気持ちを抱えながらベッドで横たわって...

NO IMAGE

整理すること

これまでの期間、書くことで自分自身を支えていたこともあったのだと、それを思うと、このサイトがもし無くなってしまったら、私自身途方に暮れてしまうのかなと、そんなことを漠然と思いました。向き合ってこなかったこと、向き合うことが怖かったこと、こんな話はただ重いだけなのではないか、どう受け取られるのか不安も...

NO IMAGE

ウルトラCが使えた

良く晴れた日、わざと通院間隔を空けてくれた主治医の病院へ久しぶりに出向くと、コロナの影響で外来が縮小されていることに気づき、複雑な気持ちで診察を待っていました。すると、呼び出し番号が表示され、先生の穏和な顔を見ていつもの3倍ほっとして。「先生、お元気でいてくれて良かったです。」「僕は大丈夫だよ、あり...

NO IMAGE

自分にお祝い

毎年やってくるお誕生月。そういえば、今日は西武の松坂大輔投手のお誕生日で、引退を表明されたことを思い出しました。なんだか、慌ただしい毎日を送っていると感慨にふける間もなく、今こうしてパソコンに向かいようやく実感できたような気がしています。沢山のわくわくと感動と甘酸っぱさや弾ける笑顔をありがとう。そん...

NO IMAGE

現在進行形にあるもの

シェアオフィスにバタバタと登場すると、受付にいてくれたのは広報のMさん。お互いが笑顔でご挨拶をし、そしていつもの談笑が始まる中で、思いがけない苦悩を聞くことに。年齢はまさかの50代、色んなご経験を積まれた人生の先輩で、生き様が格好良く素敵な雰囲気を醸し出す穏和な彼が、様々な人間関係に悩んでいることを...

NO IMAGE

願い続けた夢

13年前の北京オリンピック。4位に終わった侍JAPANが、成田空港に降り立ち、待っていたファンの数も少なく、まばらな拍手で迎えられて無念な表情を見せた星野監督の顔が、ずっと脳裏に残っていました。そして、稲葉監督はその当時稲葉選手だった訳で、JAPANのユニフォームを着て、目を真っ赤にし、悔しさを滲ま...

NO IMAGE

何回分?

息子の夏休みの旅行は、今回両親が誘ってくれました。おじいちゃんとおばあちゃんと彼の三人で、伊豆へ。いつも準備は受け身なのに、今回は自分から持ち物を確認してくれて、もう心は海の中のよう。楽しんでおいで、そんな気持ちをリュックに詰め込み、翌日を迎えました。「体温測った?」「これから測るよ。明日も旅行だか...