NO IMAGE

嬉しいお誘い

毎週日曜日の午前中は息子の野球の日。この前は、雨で野球の練習そのものはお休みだとメールが入ったものの、昼に行われる自治会のもちつき大会には参加をさせてもらえるとのこと。私服で、メンバーだと分かるように帽子だけはチームのものを被らせました。歩いて送り届ける中で、「ボク、まだ全然お腹空いていないよ~。」...

NO IMAGE

納まらない日

年末、シェアオフィスへ行き、女性GMに1年お世話になりましたというお決まりのセリフを口にすると、「締めるんですね~。」とにこやかに言ってくれました。まだ三日間オフィスは空いていても、その日は自分の中での最終日。また来年もよろしくお願いしますと言いながら気持ちのいいお別れ。そして、30日に年内最後の公...

NO IMAGE

爽やかな人

この間、息子と公園へ行く途中、自転車に乗っていたら、随分爽やかにトレーニングウェアで走る男性に挨拶をされ、びっくりしながらも負けない笑顔で挨拶をすると、あっさりすれ違いながら行ってしまいました。サングラスをかけていたし、誰だ?と思考を巡らせていると、思い当たったのはただ一人。齋藤教授!!ではなく、息...

NO IMAGE

気持ちの交換

毎度のことながら、せわしなくタンブラーを片付け始めたシェアオフィスで、受付の前を通過すると、ラガーマンのTさんに話しかけられました。「あの~、これ、自社の製品で作ったハガキなんですけど、僕使わないんで良かったらもらってください。」と渡されたのは、今まさに応援しているラグビーチームのキャラクターやロゴ...

NO IMAGE

運命のくじ引き

この間、息子の小学校で来年度の役員決めがあり、仲良しのKちゃんと立候補をして、行ってきました。一緒にドキドキしながら学校へ向かう道のりはなんだか学生に戻ったよう。彼女と同じ学生時代を送っていたら、きっと何でもないことでこうやってわいわい騒いで楽しかっただろうな。なぜだかふと蘇る学生の頃の記憶は、Kち...

NO IMAGE

溢れた日

1月16日、学校から帰ってきた息子が、思いがけないことを伝えてきました。「明日ね、随分前に大きな地震があった日なんでしょ。先生が、授業で話してくれたの。ものすごい沢山の人が大変な思いをしたって。ママはその時どうしていたの?」「お母さんね、その時中学3年生だったの。朝早くに地震を感じて飛び起きたの。ま...

NO IMAGE

独自のルール

プログラマーのMさんと真面目な話をしていても、最終的に落ち着くのはやっぱり野球の話。甲子園には昔ラッキーゾーンというエリアがありホームランが出やすかったと二人で大盛り上がり。なんで取り外してしまったんだろうね、特別感があって好きだったと言いたいことを言って終了。野球の話題を出したらペナルティなんて言...

NO IMAGE

心強い存在

スタバでコンサートを開いてくれたピアノのスタッフさん。改めてお礼を言うと、感激しながら伝えてくれました。「早くから来てくださっていることを知りました。いい席に座ってもらえて、とっても心強かったです。」本当に一人、耳を傾けてくれる人に向かって演奏される方なのだと、その姿を確認して、緊張の張り詰めた糸が...

NO IMAGE

気持ちの持っていきよう

風邪というものは、長引くとどうしてこんなに負のスパイラルに陥るのだろうか。私の場合、必ずセットでついてくる副鼻腔炎。もうどうしようもない所にまで来てしまったので、不本意ながらも耳鼻科へ行ってきました。寒い時期なので、予約はしたものの長い時間待たされ、息子の帰宅時間が迫っていたので慌てていたら、ようや...

NO IMAGE

掘り下げた結果

この間、野球で一緒のS君兄弟と遊んでもらうことになり、ようやくお兄ちゃんに直撃インタビューすることができました。「二酸化炭素どう使ったの?」「は?」「東急ハンズで買ったってお母さんから聞いたの。」「あ~、結局危ないからってお父さんに止められて買えなかったの。あれね、水槽みたいな密閉された状態で火を点...