NO IMAGE

支えてくれる人

どんよりとした天気で、全く食欲がわかなかった今日、雰囲気で食べられるのではないかと出向いたカフェのモーニング。ぼんやりしていると、入り口近くで手を振ってくれたのは、ミルキーのKさんでした。どうやらテイクアウトだったらしいのですが、せっかくなので席を勧めると嬉しそうに座ってくれました。「お食事の邪魔を...

NO IMAGE

別の視点

今年度も家庭訪問はなく、その代わりに個人面談へ行ってきました。ショートカットの似合う女の先生とご挨拶。学校が通常通りに行われ、行事も中止になることなく開かれる日常に、前よりも感謝の気持ちがこみ上げてきました。目の前にある当たり前が、小さな明かりにも感じられる今日この頃。そんな感慨にふけっていると、斜...

NO IMAGE

何気ない会話

この間は、小学校の地区委員の集まりでコミュニティセンターへ行ってきました。初対面のお母さん三人とご挨拶。すると、二人のお母さんにお見かけしたことあります~と言われてしまって。頭ボサボサで小学校には行けないなと半笑いしながら、すっかり打ち解け和やかな時が流れました。そして、お互いが全くの初対面だったお...

NO IMAGE

深い繋がり

小雨がパラパラしているのに、何を血迷ったのか自転車でシェアオフィスに来てしまいました。すると、最近来てなかったので、不動産関係のHさんがにっこりご挨拶をしてくれて。お元気そうで良かった、そんな気持ちまで届くのが不思議。彼が元気のない時は、どれだけの思いを込めて励まそう。 最近、淀んでいた母。私...

NO IMAGE

ぎゅぎゅっと詰めてみる

格好つけないと決めているので、若干弱っている私にも良かったらお付き合いください。副作用、ここまでメンタルを直撃するとは思ってもいませんでした。何をするにも億劫で、お料理も、大さじ一杯など量ることさえもうあかん状態。それでも、手を抜きながらなんとか家事をこなしている自分を小さく褒めてあげたいと思います...

NO IMAGE

相手を尊重する

先月の日曜日は、散々迷い、久しぶりに母と二人でデートをすることにしました。娘だから話せること、きっと沢山あるだろうなと思って、電車の旅へ。目的地は、私が気に入っているカフェの街、自分のホームグラウンドに母を呼ぶということは、それだけ信頼できている証。退院後も助けられたから、母が苦しい時の逃げ道になっ...

NO IMAGE

人からもらう力

父と何気なく話していた両親宅。「お父さん、新聞ない?小学校で、工作マットや習字の下敷きに使ったりするんだよ。この間なんて、たまたまあった新聞をRがガムテープでぐるぐる巻きにして、勝手にバット作っちゃっていて、もう使えないから結局先生にもらったみたい。」そう話すと笑いながら伝えてくれました。「うちも新...

NO IMAGE

視覚から届くもの

夫と息子が出かけたある日の昼間、何気なくテレビを点けてみると、そこにはマイアミマーリンズで日米通算3000本安打を打つ前のイチロー選手の姿がありました。過去の偉業を振り返るその映像ですっかりくぎ付けに。そして、スリーベースヒットを打つと、3塁にマーリンズの選手達がお祝いに駆けつけ、そんな仲間に喜ぶイ...

NO IMAGE

長さではなく濃さ

何の話?コーヒーのサイズ?!ではなく、時間の流れ方。風来坊の父と何気なく会話したことが急に思い起こされました。「お父さんの通勤さ、大きなターミナル駅で乗り継ぎでしょ。結構大変だよね。」「そうだな。日体大の集団行動みたいなんだよ。斜めからどんどん人が来てすれ違うのに、ぶつからないって不思議だよな。」い...

NO IMAGE

小さなことから始める

以前、耳鼻科に行った時、優しいご年配の男性医師に、乾燥で鼻も辛いことがあるから、できるだけ水分を取ってね~と言われたことがありました。「1日1Lは飲んでる?」「いやあ、多分800mLぐらいです。」と言うとふふっと笑われて。なんだろうな、この感じ。ボケたつもりはなかったのだけど、キャラで笑われたのか?...